修了生の声

【4期生紹介】三浦香乃

その他

【4期生紹介】三浦香乃さん

「犬と人が集まれる場所」を作りたい。本当にしたいことのために学ぶ

もう後悔したくない。愛犬たちのため、食事を学ぶことを決意

以前暮らしていた愛犬は、シニアになってからの病気が原因で、食事の対応など、亡くなるまでとてもつらい思いをしました。私自身、あまりに知識がなくパニックになり、動物病院をたくさん回った上に、先生を信頼できなくなったり、後悔したり……。

 

だから、いま一緒に暮らしている2頭の愛犬たちで同じ経験をするのはできる限り避けたいと思ったんです。できるなら、最後まで元気でいてほしい、と。ただ、以前の愛犬と暮らしていた時よりも、今はドッグフードの種類が増えていることに気づきました。でも、私はどんなフードがいいのかわからず選ぶことができないんです。食事の知識が必要だと感じました。

 

そんな思いから勉強できるところを探し始めたのですが、ペットフーディスト養成講座を見つけた時、ビビッと来ました。それは、講座サイトに書かれていた「私、ペットフーディストになる。」というキャッチコピーと写真。とても明るくポジティブなイメージがわいて、引き込まれるように講座の説明を読んだのを覚えています。他講座にはない『夢のある世界』を感じました。

 

おすすめ!スクーリングをフル活用する勉強法

他と違っていて、いいなと思ったのはやっぱり「スクーリング」です。

通信講座は自分のペースで勉強する必要がありますが、私はそれが大変だなと感じていたので、スクーリングを使って自分のやる気を奮い立たせることができたからです。

具体的には、スケジュール帳に各スクーリングの日程を書き込んで、その日までに絶対その予習を済ませるべくテキストを読む、という方法なんですが、これは『予習』と『自分のお尻をたたくこと』の両方ができるのでおすすめです!

 

スクーリング当日は、オンラインですがしっかりメモをとりながら聴講しました。質問コーナーでは、他の方が難しい質問をされているのを聞いたり、それに対して講師から専門的な回答を聞いたりが私にとっては新鮮な経験でした。ペットの仕事をしている人はこういうことが気になるんだ、ということがインプットできたり、あとでそれについて調べたりといい機会をいただきました。また、その後の録画版公開期間中には、動画を見てメモを追加したり、テキストと照らし合わせたりと有意義に勉強することができました。

 

今後の目標

実は今、実家の空き地を活かしたドッグランをオープンさせる計画が着々と進んでいるんです。

最初は、愛犬を走らせることだけを考えていたのですが、人に話すうちに「うちの子も連れてきていい?」「愛犬はドッグランに連れていくと委縮しちゃうので、ぜひ使わせてほしい」といった声をかけてもらうようになりました。ペットの仕事をしたことはないですが、誰でも使えるドッグランをオープンする、という計画に変更したんです。幼少期から途切れることなく犬と一緒に暮らしてきて、人に犬に関することを伝えるのは好きで得意だったんですが、コロナ禍で「自分が本当にやりたいことは何か」を考えるようになったということも影響しています。

 

今後の目標は、犬と人が集まれる場所を作り、セミナーなどを開催して犬に関する知識提供をしていけたらと考えています。そのために、勉強も引き続きしていきたいと思います。

 

▼インスタグラム

https://www.instagram.com/rui.mary_love/

修了生の声へ戻る