ごはんの窓口

ペットフーディストが活躍するお店
【ごはんの窓口】のご紹介

スタッフ大募集! 資格を活かして、犬たちの食生活をサポートしませんか?

当講座では、ペットフーディストの資格取得後、「ペット業界で学び、経験しながら活躍できる場」をご用意しています。それが、グループ企業の新サービス「ごはんの窓口」です。

「ごはんの窓口」とは

ごはんの窓口

2020年3月、東京・吉祥寺(丸井吉祥寺店3F)に、ドッグフードだけを専門に扱うお店「ごはんの窓口」がオープンしました。

60種類の厳選フードの中から愛犬1頭1頭、オーナー様(飼い主)一人一人に最適なフードを選んで提案する新スタイルのお店です。

たくさんのペットフードが流通する、今の世の中。そして、インターネット上にはペットフードにまつわる情報もあふれかえっています。

そんな中、「うちの子にはどのフードが一番合うだろう?」「今あげているフードで本当に大丈夫かな?」「シニアになったからごはんを変えた方がいいと思うけど、どうしたらいい?」といった悩みを持つオーナー様が、たくさんいます。

「ごはんの窓口」とは

「ごはんの窓口」では、そんな悩みに寄り添い、最適なフードを選んで提案します。さらには、毎日の食事をもっと健康的で喜び・楽しみに満ちたものにするためのアドバイスや、その愛犬とオーナー様に対して、一生涯を通じた食事のサポートを行います。

現在、ごはんの窓口は「丸井吉祥寺店」「松屋銀座店」「PARCO_ya上野店(2021年3月末オープン予定)」の3店舗。オープン以来、たくさんのオーナー様の相談を受け、大変喜んでいただいています。

今後の展開

スタッフの研修制度が充実

現在、ごはんの窓口事業では、独立モデルを全国展開していくための準備を進めています。

  • 全国のサロンやショップでの展開
  • 店舗を持たず、個人での活動

と、2通りの方法があります。

事業をするのは不安という方には、研修制度などもご用意する予定なので、初めての方でも安心してスタートできます。
事業説明会及び、募集は2021年6月頃を予定しております。日程など詳細が決まりましたら、メルマガや講座サイトでお知らせいたします。
ぜひ、ご自身が学んだことを活用し、キャリアアップを目指してください!

スタッフの声(土屋麻美さん)

スタッフの声

◆ここで働きはじめたきっかけを教えてください。

14歳の愛犬が、腎臓・肝臓などの数値が良くなく、ちゃんとした食事の知識が欲しいと思っていました。そこにタイミングよく出店のお話をいただいたことがきっかけです。これまでペットショップスタッフや犬の洋服会社での勤務経験があり、接客業が好きなことも理由の1つです。

◆実際のお仕事はいかがですか。

来店いただいたお客様には、カウンセリングシートに入力いただき、そのあとご相談内容をヒアリングしていきます。「このままのフードでいいのか」「ダイエットさせたい」「シニアになって病気が出てきた」「迎えたばかりの子犬がごはんを食べない」など、本当に様々なお悩みをいただきます。同じ悩みでもそれぞれ家庭の事情が違いますので、アドバイスも異なってきます。

また、食事が関わるお悩みに対しては、「食事の内容だけでなく生活すべてに対する提案が必要」だということに気づかされます。例えば、「食べない」というお悩みの場合、ケースによっては「どう集中力をあげて食べさせるか」という提案も必要なので、オーナーさま(飼い主)の生活スタイルに寄り添う必要性を感じます。そのためには、オーナーさまの心を開いて、しっかりとヒアリングすることが大切。ペットフーディスト養成講座で学んだことはもちろん、これまでの接客経験で得た知識やスキルもフル活用しています。

◆これからの目標を教えてください。

より幅広いお悩みに対応できるようになって、一人前のカウンセラーになりたいです。オーナーさんが困ったときに本当に頼れる、心のケアまでできるプロを目指しています。それによって、ペットフーディストという資格や仕事がより良い形で広まっていくといいなと思います。

◆みなさんへのメッセージをお願いします。

『ごはんの窓口』は、たくさんのオーナーさまに出会い、寄り添い、その愛犬の一生に関われるやりがいのある仕事です。多くの学びがあるので毎日が新鮮!他の仕事にない喜びが得られる職場です。その喜びが、みなさんの人生にもきっと活きてくると思います。

ごはんの窓口 公式サイトはこちら