新着情報

2021年04月21日(水)

スタッフブログ

4月16日、ペットフーディスト個人による『ごはんの窓口』第1号スタート!

あらひなマルシェロゴ

今日は、ペットフーディストが活躍するお店「ごはんの窓口」初!
店舗を持たず、ペットフーディストが個人でごはんの窓口サービスを展開する【独立モデル】第1号となった、二俣ななえさんをご紹介します。


もともとペットシッターとして活躍し、ペットフーディストの資格も取得された二俣さん。4月16日からサイト【あらひなマルシェ】でごはんの相談受付をスタートされています。
ごはんの窓口をはじめたきっかけや、意気込みなどを語っていただきます^^

 


二俣ななえ様

参画のきっかけ

シッターのご依頼を受けるオーナー様(飼い主)から、パートナー(愛犬愛猫)のごはんについての相談も受けることが多々ありました。ペットフーディストとして、健康を食生活から生涯サポートしていけるごはんの窓口は、とても魅力的なサービスだと思い、参画しました。

 

ペットシッターサービスへの取り入れ方

シッターをご利用いただく際は、事前にお世話をさせて頂くご自宅へお伺いし、普段の生活のことから既往歴など色々とヒアリングします。その中で食生活についても確認しますので、パートナーに合ったフードプランを提供していきたいな、と思っています。

また、お世話をする中で、気付いた点をオーナー様へフィードバックする際にも、ごはんの窓口をご案内していこうと思っています。実は、ごはんの窓口 吉祥寺店がオープンしてから、すでに店舗のご案内をしています^^

 

これからの目標

食事の重要性を広く知ってもらうために、しっかり寄り添ってサポートすると共に、いつでも安心して頼れる存在になることが目標です。

 


二俣さん、ありがとうございます。ペットシッターとして関わるオーナーさんにとって、きっと心強い相談相手になっていただけることと思います。第1号としてスタートされるには、きっと勇気も必要だったことと思います。講座としてご活躍を心から応援しています!


現在、ごはんの窓口事業では、【独立モデル】を全国展開していくための準備を進めています。
事業説明会及び、募集日程など詳細が決まりましたら、メルマガなどでお知らせいたします。(6月頃の予定です)今しばらくお待ちくださいね^^

 

二俣さん運営「あらひなマルシェ」はこちら

https://arahina7.stores.jp/

https://www.instagram.com/arahina.marche/

 

新着情報へ戻る